メインの内容へジャンプ 芝法人会

本文はココからです。

岩﨑 健次郎さん/特別会員・広報委員会


岩﨑 健次郎さん/特別会員・広報委員会 2019年に入会されたウェールズ・コンサルティング株式会社の岩﨑健次郎さんにお話を伺いました。

ふだんは関西にお住まいですが、東京での活動で良かったと感じたことや、関西在住だからこその思いなどをお聞きしました。


東京でのライフワークの一環として加入しました

日頃は関西を中心に活動しているものの、しだいに東京での仕事が増しておりました。
とはいえ、東京で過ごす間は空き時間も多く、暇を持て余している状況でした。

そんな中、以前から関係のあった相原陽一さん(株式会社サイメット、本会副会長)から「東京でのライフワークの一環として」芝法人会をご紹介いただきました。
地元が関西なので少し怖さもありましたが、相原さんに良くしていただいていたこともあり、思い切って加入しました。


初めてのイベントが卒業式だったこともあって皆さん大盛り上がり。
初めて参加する私にも、みなさん暖かく接していただきました。

加入前に抱いていたイメージは良い意味で裏切られ、楽しかったこともあり、今でも続けさせていただいています。


懇親会でも温かく接していただき感謝の気持ちでいっぱいです

青年部会でこれまで活動してきたことといっても、懇親会の場に参加したくらいです(汗)。
日頃は関西なので、活動に参加できないことも多々あります。
懇親の機会もタイミングが合うとは限らないので申し訳なく感じています。

しかし、ときどきしか参加できていない私にも温かく接していただき、委員会のみなさまには感謝の気持ちしかありません。
公私ともにお付き合いができるのがありがたいと思うと同時に、なにか委員会活動の実務で貢献できるよう頑張りますので、引き続きよろしくお願いします。


学生のころのような気持ちで楽しく過ごせた全国大会

青年部会の活動やイベントなどで印象に残ったのは、全国大会に参加したことです。
みなさまとゆっくりと時間をともに過ごさせていただき、関係は深まったと感じています。

地元の先輩後輩のような関係性のみなさまを見ていてうらやましく思っていました。
ですが、一緒に旅に出かけるとまさに修学旅行のような感じで、学生のころへ戻ったように楽しく過ごさせていただきました。

たびたび申していますが、関西出身、関西在住ですが、おこがましくも東京に地元ができたような感覚になり、うれしく思いました。


地元のような安心できる場ができました

青年部会に入って良かったと思うことは、みなさまとの出会いです。

お互いの立場を超えて地元の先輩後輩のような親しい関係であるみなさまのコミュニティに参加させていただけて、本当に良かったと感じています。

東京は仕事をしに行く場所と考えていましたが、地元のような安心できる、心温まる場ができたと感じており、うれしく思います。
この良い環境を守り、自身が進化するためにも、私にできることで貢献していけたらと思います。

田町や浜松町にいるときに落ち着く自分を感じ、自分でも驚きます(笑)。


経営や資産保全全般へのコンサルティングはおまかせください

ソニー生命に勤めておりましたが、2019年末に会社の先輩とともに独立しました。
また今年3月には自分の会社を立ち上げる予定です。(※編注:1月のインタビュー時点でのご回答)

これまで生命保険に関するコンサルティングセールスをしていましたが、今後は経営や資産保全全般に対するコンサルティングをいたします。

今までよりも多面的に、依頼者の成功に寄り添えるような仕事を心がけます。
具体的には、財務や相続、新規事業等の開発や戦略など多岐にわたりおこないます。


幅広い学びと軽いフットワークを心がけています

私と出会った方が、出会う前より進化されることに貢献できるよう努めています。
数字で表せる事実状況と数字では表せない思考を、丁寧なコミュニケーションでできるかぎり正確にとらえるようにしています。

それには良い質問が大切だと考えており、その質を上げられるように、日頃から幅広く学び、良いパートナーづくりをしています。

良き出会いが多いことで、新たな気付きや発見が生まれています。
そんな出会いをつくるためにもフットワークは軽くいようと心がけています。


スポーツを通じた子供の成長や地域の関係強化に興味があります

スポーツを通じて、小中学生が成長する場作りや、地域企業や商店と住民の距離を縮めることに興味があります。
働き方改革やデジタル化による時代の変化により、スポーツの役割が進化すると考えています。

今まで学校が担ってきた部活動の運営が難しくなっている状況を良い機会ととらえ、どう進化させられるかを探っています。
同時に、これを良い機会ととらえたときに、地域社会と連携することで新たな価値創造ができないか考えています。


関西と東京の企業をつなげ、化学反応を起こしたい

経済規模として、関西は東京と比べ今は小さくなっているものの、商業地としての歴史は古く、老舗企業も多くあります。
また文化の面でも歴史があり、東京と一味違った面白さや学びがあると思います。

私の持つ関西のネットワークと芝法人会青年部会のみなさまをつなげることで、思いがけない化学反応が起きれば面白いと思います。
逆に、関西企業のかたがたを東京にお連れし、みなさまと交流する機会を作っていきたいと考えています。
それが私が関西から青年部会に参加する意義かな、と思います。


インタビューにご協力頂きありがとうございました。

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 公益社団法人 芝法人会 青年部会 
  • 〒108-0014 東京都港区芝5-9-5 TEL:03-3453-6351 FAX:03-3453-0681
  • Copyright © 芝法人会 青年部会 All Rights Reserved.